RA Gardēnia の占星術セッションと、今の想い。


今年から

占星術セッションの スタイルが変更しております。 15年近く星を読み探求していると 占術が強化&増加しまして…笑 年々メニューが増え どれを選んだらいいの?というお声が多くなりました。

そこで、時間別とし 気になる占術をセレクトできる 完全オーダーメイド鑑定に バーションアップした運びです。

進行、です。

60min ¥15,000 90min ¥20,000 120min ¥25,000 3つのコースとなります。 せっかく鑑定を受けるのだから 色々な占術で読んでもらいたい 家族全員や、気になる人のも聞きたい

そんなあなたは 120minコースがお勧めです。 複数名の鑑定もOKになってます。 今のお悩みや気になっていることを中心に ホロスコープを観て これやね!という点を星の流れから掴み 感性をフルスロットルにし あなただけの鑑定を行います。 ここ数年、特に 星を読んでいて感じるのですが 占星は、多角的に観ることが なにより大事なのです。

その昔、古代の占星師は 今よりもっと多角的に星をとらえ読んでいました。 実際に星がたくさん観えたんですものね。

現代は、息をのむ程の星は 肉眼では見えないので

チャートを作成し、紙面上で星を読むしかありません。


すると、手のひらから零れ落ちてしまう

重要な箇所が多々出てきます。 机上の学び、理論だけで読んでしまうんですね。 そうすると、柔らかな部分が 隙間からこぼれ落ちていきます。


その、こぼれてしまっている 星々の声 忘れられてきた声こそを

今を生きる 私たちは 再び 知りたいのではないかな、と。 そこにこそ、本当に知りたいものがあるのではないか、と。 風の時代は 温故知新でもあるから、 失われたものを もう1度復活させる時なのかもしれません。 知恵は、叡智は受け継がれます。 忘れられたとしても 必ず、復活するのです。 なぜって? 真実だから 笑 風の時代を迎えるにあたって 赤緯や、小惑星 恒星の理解と活用に 世界は、人類は、再び意識が開いてきていて だから、これらを求める人が 年々増えてきているんやなと。

星よみ初めてから、ずっと マニアックな方向ばかり学び研究していたのですが

今やっとニーズが合ってきて ほんと嬉しいです。


太陽の通り道を主軸とした 従来の星読み、黄経の読みかたは 実は、自分が見上げた主観的な星の世界です。

広いようでいて、狭いんです涙 見上げているから 限界が出てくるんですね。


星よみの基本を踏まえるのは大前提ですので 黄経の理解はもちろんですが

私の、鑑定セッションでは もっと多角的にリズミカルに あなたの星物語を読み解きます。 赤緯のリズムでは 客観的に、あなたが感じている地球体感を加え

恒星占星術では 天体と恒星の関係性をドーム状から俯瞰し 人生を四季図にカテゴライズし あなただけの星の神話を読み解きます。

さらに小惑星アステロイドでは 物質と精神のつながり。 レンジを広げていきます。 ホロスコープの解釈にこれまで欠けていたテーマの深み、豊かさ 正確性が加わります。

ドラコニック(龍頭図)技法は 高次元における、自分のもう1つのホロスコープチャートです その背後にある地図も重ねていくとで 自分の個性や使命がかなり鮮明に浮き上がってきます。



私の鑑定では

理論的に、多角的に様々な技法を用い

そこに私の感性を乗せ独自の世界観を出していきます。

他では受けられないそんな内容です。



鑑定を受けるのはもちろん良いのですが

断然、自分で読めたほうがいいです。

アストロロジーは、学問です。

星を学ぶことは、自分を人生を豊かに生きる事。

自分で自分をご機嫌にさせることができます。



占い師にならなくてもいいんです。

これからは、波動の時代です。

あとン十年もしたら みんな星を自分で読む時代になると思います。



見えないものをつかむ

難しくないです。

持って生まれた感覚の1つです。

そんな感覚を思い出す、あなたをこの世界で最高の生き方にする

そんなヒントが

占星学を知ること 学ぶことは繋がってくると思いますよ。



変化と進化の惑星、天王星も

あなたにエールを投げています。


さぁさ、刷新して進んでいきましょう。

2月の鑑定とレッスン枠 受け付けスタートしました。 自分の魂設定を 多角的に知りたい人 何なら、自分で星読みたい人 (レッスン希望)のかた どうぞいらして下さい。 なぜ、夜空の星が煌めいているのかわかりますか? ポジティブなエネルギーを 絶え間なく放っているから、です。 あなたも星のように 燦然と輝くことができる唯一の存在です。 あなただけの自分神話 ここで見つけて 人生をもっと豊かに生きましょう。

閲覧数:54回0件のコメント