top of page

自分を知り、真の統合を目指す星読み ~ドラコニック占星術の魅力 ~

更新日:2023年5月30日


すっかり安定した 人気の ドラコニック占星術 ドラコニック占星術は ドラゴンヘッドを 牡羊座の0度に動かし 浮かび上がるチャートを読み解く 占星技法です。 通常のホロスコープチャートとは 異なるチャートが 浮かび上がってきます。

過去生のルーツや 今世のテーマ 魅力あふれる情報が 散りばめられているのが特徴です。 ドラゴンヘッドは 太陽の通り道(黄道)と 月の通り道(白道)の接点から 導き出す感受点。 ヘッド(頭)があるので 反対側には テイル(尾)があります。 Capt,cauda dreconis とも呼ばれて メソポタミア神話では 原始の水の女神  “ ティアマト ” マルドゥクが 混沌とした世界を統治するために ティアマトと闘った。 その戦いに勝利した マルドゥクは 世界の秩序を取り戻すため ティアマトの身体を 半分に裂き 天と地に固定したと。 2つに引き裂かれた ティアマトの身体の半分から うみへび座は出来ているそう。 ギリシャ神話では 巨大な蛇 “ヒュドラ ”が出てきます。

時代や国を変え ティアマトがヒュドラへ そして、うみへび座へ ティアマトは 生命をはぐくむ龍の姿だったそう。 龍の姿は わたしたちに 内面の世界を感じさせる エーテルを表しているのかも知れません。 ドラゴンヘッドとテイル このノード軸は 課題やギフト、意識すること 過去や今世のテーマ。 ホリスティック占星術や メディカル視点では 遺伝の病気のポイント。 あと、興味深いのは ティアマトは

女神ということ。 原始の女神というと リリスともリンクする所があるなぁと 感じずにはいられません。 小惑星の女神とも 関連症状ありまくりです。 ちなみに、ドラコニックチャートは 出生図(ネイタル)があってこそのチャート 思い入れが強くなり過ぎても 偏り過ぎてもいけません。 わたしたちはいつだって バランスを取ることが大切です。 天と地は極の世界。 ティアマトが引き裂かれ 極となったのですが わたしたちは その極を知ることから 自分を知り 真の統合となるのかも知れません。 意識的にバランスを取ること。 リアルとスピリチュアルもそうですし 天と地も 男性性と女性性もそう 活動と休息も、そうですね。 ドラコニック占星術が昨今 こんなにも 気にかけていただいているのも 多くの人が 真の自己を統合したい 自分で生きたい、と スピリットが 本能が そう感じているからなのかも知れません。 あと数日で

恵みをもたらす星、木星が

牡牛座へと移動します。 真の豊かさに気づくこと 価値ある生き方をすること 生命を続けること 豊かな女性性を発揮していいこと。 ドラコニック占星術を通して あなたの背後にある神聖なもの 真の価値観 生きるテーマ などに気づけると思います。 パートナーや、ご家族 おこさまとの関係性 お仕事に関すること 現在のお悩みごと 実は、ドラコニックチャートからの影響が 色濃く出ている場合が多いので 出生図と進行図と絡めて 広く読み解くものなのです。 ということで 鑑定時間は 120min をお薦めします。

長いかなと思うかもしれませんが 複数名分を 一緒に読み解けますので

むしろお得です。 ドラコニックを 赤緯占星術の視点でも読みますので ワクワクとお楽しみ下さい。 Blogの画像は 19世紀イギリスの星座カード集 ウラニアの鏡に描かれた うみへび座です。 蛇は、地を這うエーテルの姿 そのエーテル体が 天空に昇ると龍の姿となります。 混沌とした今だからこそ ドラコニック占星術を 受けることで あなたのバランスは 取りやすくなるのかも知れません。 ちなみに Draconic Astrology

毎年、書籍を読み込み アップデートしてしている大好きな技法です。 カルマ掘って読むよ (と言っても、相当リアルです) 以前、ドラコニック受けたことある というかたも ぜひ、もう1度受けてみてください。 あなたの意識も その時とは変わっているはずです。 受け取るギフト すでに変わっているはず。 人生も、星も 色んな角度から観ることが大切。 その時その時で

観る世界は変わります。 見たいように見るのではなく 今、見えるものを見る 感じて紡いでいくことが 今の私たちの成長に つながるのではないでしょうか? ドラコニック占星術鑑定の お申込みは

こちらまでどうぞ。




ドラコニック占星術を読んでみたい

という星読みさんへ

パーソナルレッスンも受け付けております。


海外書籍の知識が

充実して学べることが特徴です。

お気軽にお問合せ下さいね。



読みかたのコツ

観点、視点

しっかりお伝えさせていただきます。



閲覧数:39回

Comentarios


bottom of page