旅に出るということは…



旅に出るということは

= 視野を広げることになる




ハッとした刺激を受ける



可愛い子には旅をさせよ、なんて言葉もある訳で






人は恒常性を求める生き物

変わりたくない、と

変わらないで欲しい


と、どこかで思っている






毎日、同じ繰り返しのような

ルティーンな生活をしていると

『あたりまえ』という沼に はまっていく





朝、目が覚めること

電車が正しい時間に来ること

仕事があるということ

3度の飯が食えること

不自由なく身体が動くこと

考えられる脳があること

清潔で便利で快適な環境に身を置けること





これらは まったくあたりまえではない







日本は本当に素晴らしい国だと思う




どこへ行っても清潔だし

時間通りにバスも電車も来る

人は優しく思慮深い






今回 旅に出て つくづくそう思った


トイレキレイだし 笑

みんな働きもの







ただ…

気になるのは どこかシラけていて

他人事で 無関心であること





こんなに素敵な国なのに

住む人が これでは いけないと 思う





無関心が一番怖いんだよ

他人事が一番怖いんだよ







この先の日本の形

こどもたちに残していくもの


このままでは マズイ

ほんと マズイよ、日本 と ゾクッとした






日本に何が起こっているのか

どうしたらいいのかを

もっと、ひとひとり意識して

もっと関心を持って

生きていかねばと強く感じた



ひとりの力は微力だけれど

束となると強靭なパワーとなる




声を上げよう

何をしたいのか、を。

他人事ではいけない




気づいたら こんなんなってた

なんて事になる…











変革の星 天王星は

今年、本格的に牡牛座へと移動した




私たちの暮らしの在り方が

7年かけ ゆっくりだが

確実に 確実に変わりゆく





どう生きたいのか

どう生きていくのか


強く考えさせられた旅だった









旅は視野を広げる


日本にいては気づかなったこと

ぼんやりしていたことが見えてきた






何に対してもだが

物事を俯瞰してみること

客観的に眺めてみることは

本当に大切だ








人ごとじゃないよ


みんな繋がってるんだ



降り注ぐ雨が

地表を潤し

川へ流れ 海へと還るように。


































55回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • ブロガー - ブラックサークル