ドラコニックチャート鑑定(龍頭図)について


ドラコニックチャート(龍頭図)って ご存知ですか? もうひとつのあなたを表わす 魂の背後に存在するチャート、とも言われています。 ホロスコープチャートには ドラゴンヘッドというポイントが存在します。 それは、太陽の通り道(黄道)と 月の通り道(白道)が 重なった場所。 ドラゴンヘッドは 天体ではないのですが 私たちの今世のやるべきこと いわゆる 【宿命・成長させること】が記されています。 そして、ちょうど はす向かいに位置する ドラゴンテイルには 【ご縁・過去やってきたこと】が記されています。 なのでドラゴンヘッドからは 過去性を紐解くヒントがあって 今世チャレンジする事柄が分かっちゃうのです! ドラゴンヘッドは 世代ごとで 同じ星座になるのですが 各個人、存在するハウスが異なるので それぞれの人生の中で その宿命をこなす舞台が変わるのです。 ちょいと長くなりましたが ドラコニックチャート このドラゴンヘッドを 牡羊座の0度に合わせ ダイヤルのようにチャートを回転させて観ていくんです すると、おやまぁ!

出生ホロスコープチャートの星座配置が まったく変わるのです (注. 変わらない人もいます) 出生ホロスコープのハウスや 天体同士の角度(アスペクト)は変わらないのですが 星座が、あれれ?変わります すると まったく新しい自分というものが 浮かび上がってくるのですね ドラコニックチャートは 魂のチャート

あなたがこの地球ですべきミッションを 背後から教えてくれるものなのです。 ドラコニックチャートを知ると 本当の自分に目覚めるんです。 出生図(自分が生まれた瞬間のチャート)より ドラコニックのほうがしっくりくる、とか ドラコニックチャートで出た星座が パートナーと こどもとおんなじだった!とか このチャートは あなたの魂の目覚めを促す そんな地図なのです。 ちなみに私は ネイタルチャート(出生図)では 太陽星座は 女性性の蠍座なのですが

ドラコニックチャートでは 男性性であり 12星座のトップバッターの牡羊座

私を知る友人は みな私を なんと、オトコマエな女!と言います笑 見た目とは まったく違うそう笑 どこにいても ピンでいても、全然大丈夫だし 即行動だし 頭突っ込むし(無謀ともいう) そんな気質があるんです。 この中学男子な感じ 一体、どこからなんだろ?て 自分でも謎だったのですが それは、数年前に ドラコニックチャートに出会い、学び チョー納得したのでした。 ああ、ドラコニックチャートって 静かに息づいてるけど ちゃんと背後にあって 2人羽織りのように動かす質なんだなぁと。 てか めちゃ動かされてるやん!と 笑 特に、人生の太陽期(25歳~35歳)を過ぎると 強く影響がでてくる感じ。 土星回帰(サターンリターン)の 28.29.30歳を超えると ドラコニックの影響、無視できなくなりますね。

実は3年ぐらい前から ひっそりと、この魂のチャート ドラコニック占星術鑑定していたり 詠みかたのレッスンなどをしております (隠れメニューです) このドラコニック鑑定を受けて下さったみなさま 即目覚めます、本当の自分に。 ドラコニックチャートは 自分がこの人生で何を成すべきなのか、を 思い出させてくれるツールで 魂の源泉であって 宇宙と自分が繋がってるへその緒みたいだなぁって思います

2月は17日から 水星が魚座で逆行を始めます。 魚座という星座は 12星座の一番さいご。 すべてを包括し 溶解させ境界線をなくし 次のサイクルにバトンを渡す役割り。 この魚座の水星逆行期間は あなたの魂に あなたが ふたたびつながることをサポートしてくれることでしょう。 そして、成すべきことを気づかせ インスピレーションで与えてくれるはず。 大切なものって目に見えないからね 感じる、んです。 ドラコニック鑑定は

鑑定を受けた9割のみなさん 涙を流されます。 なんかわからないけど、涙があふれるそうです。 魂に触れるって あたたかいことで、優しいことで、愛そのものだから 言葉にはならなくて 涙で表現されるのでしょうね で、魂を震わせ 自分の成すべきことに回帰するのでしょう。 気になるあなた ぜひ、ドラコニック(龍頭図)鑑定へいらして下さい。 あなたが成すべきことを 魂のチャート ドラコニックチャートから読んでいきましょう。 いま、抱えている悩みも ふっと晴れるはず。 2月のおすすめ鑑定の1つです。 ドラコニックチャート(龍頭図)鑑定は 70分 \11,000(税込)です。 対面鑑定は出張も可能です。 line通話、Zoomによる鑑定もOKです どうぞお問い合わせください。 ご予約お待ちしております。 ホームページのお問い合わせ http://www.la-gardenia.com もしくは la.gardenia.anya@gmail.com から お願い致します。

439回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • ブロガー - ブラックサークル