辿った道は無駄ではないよ、って話。


現在の暦は グレゴリオ暦。 日本も明治時代 1873年からこちらを採用しています。 グレゴリオ暦を採用する以前 日本では 【 天保暦 】と呼ばれるものを使っていました。 これは、西洋の天文学の理論や 数値を取り入れた精密な暦。 日本で最後に使われていた 【 太陰太陽暦 】と言われています。 私自身も、星読みは この太陰太陽暦を重視しています。 黄道の位置 冬至から冬至までを 24等分して、季節を分けたから 二十四節気を合わせてとらえるもの。 (気になる人はレッスンします笑) 春夏秋冬と季節を4等分し区切るサイクル そこに+4つ 固定宮15度で区切る8分割のサイクルは ケルトの暦。 さらに細かく区切ったものが 二十四節気。 暦には色々ありますね マヤ暦やユダヤ暦、ヒジュラ暦など。 細かく分けて読む方法で有名なのは 黄道12星座、360度を1度づつ分けたものが ドデカテモリー サビアンシンボルです。 私の鑑定方法の1つ 赤緯占星術には シャーマニックシンボルという

面白い理解があります。 サビアンシンボルのようなもの、ね。

天体の動き 北緯南緯の1度~29度までに それぞれ詩文がついています。 その度数からイメージを広げ 数字やサインの意味を掘り下げ読むもの。 これがとにかく、面白い! 既存の数字の理解を越えていきます。 算数苦手の私も これだと、数字もクリアに。 風の時代は 多種多様性が重んじられます。 こうあるべき、と言う読みかたではなく 視野を広げ 自分らしくとらえていく

で、自分の言葉で発信していく。 それが、大事だなと。

自立していれば

きっと、全部あり。なのだ。 西洋と東洋のサイクル 一見、異なるようであるけれど 探求していくと びっくりするぐらいつながるのです。 西洋占星術をやってるのに、なんで東洋?と 以前は言われることもあり いちいち凹んだりしてたけど(若いねw) 今言えることは この世界に散りばめられている不可思議なものには 共通点がある、ってこと。 神話学者のジョーゼフ・キャンベル氏も 言うてはった。 異なるものをつなぎあわせていくと 共通点が浮かび上がり 真実が見えてくる。 だから、偏りがあっては

結果ぐるぐるしちゃう。


バランスが大事なんですね。 広い視野が大事。 そんなん違うでしょ、と 最初から見ないようにしてしまうと 見えないまま

本質が掴めず終わってしまう。 もう1つの視点で

見つめ始めた時から 本当に知りたかったことに

辿り着く道がはじまる、気がします。


そこ行くはずではないのに そこを経由し

気づいたら近道で学ばされていたり。 この私がそうだ。 西洋医学から入り、 いつの間にか、心理学へ向かい そして、東洋医学へ、星へ。 理科と科学へ そして、太陽太陰暦で捉える星読み、を今はしてる。

結果、全部 いいとこどりしている、と感じる笑

え? 誰が何と言おうといいじゃない。

もう気にしてません。

自分の好奇心の方が勝ってます。

だから、迷っていたり

立ち止まってしまっている人には

エールを贈りたい。



大丈夫。

一貫してなくても

その時々 あなたの好きなこと 興味出たことって、必ずつながるから。 好きなことに自信もっていいよ。 マスターになれるから。 辿った道、何も無駄ってないからねって。 私のお伝えする星のはなしは めちゃ色んな角度をとらえ

感性というフィルターを通し

完全オリジナルで言語化しています。

だから、アーニャさんの読むように 星を読みたいので教えて下さいといわれても 嬉しいのですが

その通りには教えられません。

ごめんなさい笑 ただ、こんな風に捉えているよ これは、ここからきてるよ。

ヒントを与えて

あなたのことばにするサポート そんなレッスンは、できます。 むしろそれしかできん


数年前までは 自分の星読みに自信がなかった私。 今もないですけど笑

それは、星を読んで ガンガン発信している人がまぶしくて 自分と違うわ、と 勝手に比較していたからかもしれません。

勝手な妄想だわ。

個性とか、自分の解釈で読んで 何か言われたら

非難とか怖かったんだと思います。

自分を好きになってもらいたくて かっこいいところしか見せられなかったんでしょう。 今思うと、苦しかったね、と 肩を叩いてあげたいです笑 歳を重ね

だいぶ厚かましくなり

風の時代の恩恵を受け タカが、スルッと外れた今 好きなことやってきてよかったな

これでええやん

むしろ、これがええやん そう感じています。 誰かに認められるよりも 自分で自分を認めたほうが 何でも進みは、早いです。 あとは、2:7:1の法則ね。 何しても好きでいてくれる人は2 どっちでもない人は、7 何しても嫌いな人は1 日本人って みんなに好かれようと頑張る。 何しても嫌い、っていう①の人に 好かれようと努力するけど それハードル高いし 自己肯定感にしんどいので よほどのドMじゃない限り やめたほうがいい。 ②の人に向かって まずは、自分だしていけばええんちゃうかな? 人生て、ぶっつけ本番の1回勝負。 好きなダンスをしたほうがええ。 うまい、下手よりも 他者評価よりも 愉しむことが、大事よね。 あなたも、私も。ね。 魚座の質 境界線が溶けるこの季節 (良い意味でも悪い意味でも) これ、知っておくといいかなと感じたので 書いてみた。 という、アーニャ的コラムでした。 今日も読んでくれてありがとう。

閲覧数:91回0件のコメント